これからは女性の時代、公認会計士で安定した高収入と社会的地位

しばらく男性が表舞台に立ち、女性は影の裏方役でした。男性が稼いで、女性はおとなしく、一歩引いて見守るそんな時代がありましたが今はそんなことを言っている場合ではありません。一歩引いて見守る時代は終わっていて、表舞台で活躍する時です。

引照=公認会計士の専門学校・予備校CPAで公認会計士試験に合格!実績・合格率で選ぶなら東京CPA会計学院! https://cpa-net.jp/

どんな方でもチャンスがある今です。そんな中、ただ発言するだけでは誰も聞いてくれません。これは男性でも同じことで、何かを持っていないと聞いてくれないということです。その何かも重要です。その何かとは、いろんなスキルや資格、これまでの経験になり、信頼できるかの信用が一番になります。

そんな中、ある資格をもっているだけで、発言ができるし重要な存在になり、信頼される資格があります。それが、公認会計士です。

■公認会計士は安定する
今後の将来を考えた時、不安がほとんどではないでしょうか?旦那の給料だけで今後年を取っていったときどうなるか考えるだけで恐ろしくなります。今のうちに将来に繋がる安定した収入が期待できるような何かをしないとと思った時、公認会計士です。

特別な方しかなれないというものではありません。誰でもやろうと思えば取得できる資格です。この資格を取得することで将来は安定した収入が期待できます。企業は一つだけではないので、仕事はたくさんあるのです。

■どんな仕事かと言えば
公認会計士の仕事は、会計・財務に関する専門家になります。ですから、企業をサポートする仕事になります。公認会計士だけに認められたの財務諸表監査という独占業務で企業の財政状態や適正をみてアドバイスを行います。このアドバイスによって企業は信頼性の高い情報を得ることができ、安心して取引を行うことが出来るようになります。

■公認会計士は女性が向いている
会計のお仕事になる公認会計士は要はお金の計算になります。この数字に基づいて、企業の経営成績や財政状態を知ることにななります。細かい部分や将来的なことを考えたりする、女性ならではの感覚が活かされる仕事になります。

■自分の時間で仕事ができる
この資格さえあれば、いつでも収入にできるものになります。しばらく休むこともできますし、この期間は仕事をするなどという働き方もできます。働く期間も時間も自分で決めることができます。さらには、収入も自分で決めれるようになっていきます。

自由に仕事ができる、安定と高収入の可能性がある資格なのです。

■やめた時が定年
公認会計士は簡単な資格ではありません。三大国家資格ともいわれていて、医者、弁護士、公認会計士は、他のいろんな資格の中でも、そう簡単に取得できるもではありません。しかし、取得できないということはありません。誰でも取得はできます。

諦めない限り、取得はできます。それだけ難しい資格です。取得できた時のその後は安定と高収入が待っています。さらに、いろんな資格のなかでも頑張って取得を目指すなら、公認会計士をおすすめする理由に定年がないことがあります。資格によっては仕事を辞めたりすればなんの意味もない資格であったり、定年したら役に立たない資格になってしまったりということもあります。

どうせ取るなら、三大国家資格の公認会計士が定年しても仕事を辞めても安心できます。公認会計士の取得に時間がかかっても定年などはありませんので取得して自分が「辞める」と思う日まで仕事は続きます。公認会計士は難しい資格の一つで時間がかかって、お金もかかってしまうこともあります。

しかし、取得すれば確実に高収入の可能性が高く、安定した仕事、収入が続く可能性も非常に高く、社会的信用もあり企業や関係者の方からの信頼も大きく、仕事やプライベートもさらに充実していきます。もう影の裏方役の時代ではありません。女性が企業や世の中を引っ張っていく時代です。

何よりも今後の将来や収入を誰かに頼ることもなくなり、自分の理想の人生を歩ことができます。