現代はインターネットが普及し、いつでもどこでも手軽に情報が取れる時代になりました。ある内容を調べて決めようと思ったら、そのことに関連する莫大な情報を手にすることができます。その中で、情報を取捨選択し、いかに自分にあったものを手にするかが重要です。

仕事についても同じです。多くの職業の中で、どの職業に就きたいか考え、何かになろうと思ったらその道に進むしかありません。その中でいくつもはできないのです。明日からでもすぐに誰でもできるような仕事より、きちんと資格をとり現役ずっとできる安定した仕事に就いた方が今の時代やこれからの時代にあっています。

■そんな時代にあった公認会計士
時代に合った働き方をするなら公認会計士の仕事がおすすめです。国家資格であるため、初めは資格取得のための時間を要しますが、安定しており、いつまでも自分のペースで仕事をできるとても働きやすい仕事です。長い将来を考えたらほんの一部の時間にすぎないのです。

■資格をとるには学校は?
国家資格を取得するとなると、大学卒でないと取れない、専門の学校や大学に入り勉強しないといけないと思っている人も多いことでしょう。しかし、公認会計士は、最終学歴が高校卒業でもいいですし、特別学校に行く必要もありません。誰でも国家資格を取得できるチャンスはあり、その点ではとても敷居が低いです。

■あきらめずにやれば未来がある
これまで、自分には何の資格もないし学校も出ていないから働くことは非常に限られる、給料も上がらず一生低いままだと人生半ばあきらめていたあなた。そのあきらめはとてももったいないことです。先ほども言いましたが、公認会計士は誰でもなることができます。

しかも、公認会計士の資格取得後は、自分の数字等の専門知識から大企業に意見をいう対等な立場になったり、海外の事業関連に携わり幅広い分野で働くことができるチャンスです。給料も一定ではなく、仕事内容や所属するところによっては年収1000万円以上も夢ではありません。